運転免許証と向きあう

2019年10月29日 投稿者: admin

私達の世界はじきに自動運転の世界になろうとしています。そのときせっかくお金をかけて運転免許証取得したというのに、運転免許証は無用になってしまうのでしょうか。

自動運転の世界

運転免許証取得の問題も踏まえて、私達は、まだまだ自動運転についてわからないことが一杯あります。

AI(人工知能)が運転する自動車のことを、自動運転という言い方をすれば、AI(人工知能)が本当に正しく運転してくれるかハラハラドキドキ見守る人が必要であり、同乗する人たちはやっぱり運転免許証取得は必要でしょう。

AI(人工知能)は、生徒であり、運転免許証取得をしている人は、先生の立場です。そのような自動運転のあり方では、本当に便利な世の中が来るの?という感じがあります。

運転免許証の教習で科目が増えてしまう

自動運転の登場によって、今後運転免許証取得は必要ないと思うものの、逆に運転免許証取得は必須、プラスα、自動運転のための教習が増えてしまう可能性も充分考えることができます。

運転免許では、高速教習・自動運転の扱い方と言った項目と向きあうことになり、なんだか面倒くさい世の中になってしまったなという印象を持つのではないでしょうか。

運転免許の教官になることができるのは、簡単ではありませんよね。運転免許の教官は熟練した運転技術が要求されることになりますが、自動運転の人工知能を監視するために、私達は、更に厳しい熟練した運転技術が要求されることに。

ハンドルはなんのため?

そもそも自動車は、そこにハンドルが存在し、ハンドルは、誰かが操作するためのものです。それが、誰もおらず、自動でハンドルだけで右左に動いている光景は、非常に不思議であり、滑稽であり、かっこうわるいという感じがしませんか?

そもそも自動車の自動運転が完全実現することができたのなら、自動車のハンドルなど必要ないのではないでしょうか。

本当に、自動運転は、100%AI(人工知能)が完全に仕事をこなしてくれないことには、人間にいちいち後始末しなければならない面倒くささがあるのです。

そのようなことを踏まえて、本当に、完全自動運転という時代がすぐに側に来ているという言い方正しいのでしょうか。まだまだいろいろ問題はありそうです。