自動運転の未来

2019年10月29日 投稿者: admin

いま、非常に自動運転の話題でにぎわっています。そして、未来には、
自動運転の自動車がいろいろ登場してくることでしょう。

自動運転の未来

もう既に、自動運転の世界は発進し、期間限定ではありましたが東京で自動運転タクシーが走っていたということはご存じでしょうか。

お客様が実際にお金を支払いして、自動運転のタクシーに乗るというところまで現実化していたのです。

今後、求められているのは、自動運転の開発ではなく、自動運転の【社会実装の整備】の方かもしれません。

いま、国家が、自動運転に大きな関心を持っているからこそ、もう発動しない訳にはいかない状態ともいうことができるかもしれません。

社会実装がなかなか進行しない

しかし自動運転の社会実装がなかなか実現しない理由は、どう安全性を評価していいかわからないという難しさがあります。

どのような安全性が確保されるのか、それは実際に自動運転が走行しなければ回答は出てきません。しかし、自動運転を、公道で走らせて評価するということは、まだまだ相当リスクが高いと考えられています。

果たして、正しい評価とはなんなのでしょうか。正しい評価を、自動運転が得るため、 とっさの判断が難しいようなシチュエーションをいくつも自動運転が体験しなければなりません。

それを、自動運転は、体験 している訳ではありませんので、まだまだ、評価のない自動運転を実際に利用するのは難しい現状があります。

評価の方法

いろいろ自動運転を評価する方法はあります。公道の3Dモデルや周囲の自動車、そして自動運転車自体をコンピュータ上で再現、評価を得るという方法もあります。

こちらでは、リアルな事故を起こすリスクも少ないため、実際に多くで利用されている方法なのですが。

しかし、一方ではそのようなものに頼る評価は不十分とも言われています。実際に、評価対象は、とっさの判断が難しいような、きわめて珍しいシチュエーションです。

しかし、コンピューターで作るのは、人たちが想定しているシチュエーションということにどうしてもなってしまうのです。