トヨタ自動車電気自動車・electriccarの思惑

トヨタ自動車は、電気自動車・electriccarに対して後手という見られ方を随分していましたが、それでも、いま、電気自動車・electriccarの普及を目指してという説明会も開催されて、相当電気自動車・electriccarに対しての熱意を感じさせてくれています。

おすすめの合宿免許

トヨタ自動車の電気自動車・electriccarのモチベーション

トヨタ自動車は、電気自動車・electriccarの普及を目指してという説明会で、電気自動車・electriccarが、モビリティ社会の中心になると言っています。

であれば、トヨタ自動車が、それに対して何もしないということはあり得ないでしょう。

そして、トヨタ自動車は、2025年までに550万台の電動車が目標と言います。

であれば、トヨタ自動車は、ここの分野にどの程度食い込んでくるのでしょうか。

ただし、トヨタ自動車は、説明会でその中心は、ハイブリッド車とも言っています。

そして、トヨタ自動車は、更に、電気自動車・electriccarの普及には、新しいビジネスモデルが必要とも言っています。

トヨタ自動車は電気自動車・electriccarに本気

トヨタ自動車は、日本で、超小型・電気自動車・electriccarを2020年に発売することを言っています。

そして、「全固体電池」について2020年には発表するとのことです。

いろいろ言い過ぎて、幅が広くて理解出来ないと主張している人たちもいますが、実際には、充分電気自動車・electriccarに対しての熱意を感じることができたのではないでしょうか。

しかしもっと世界は積極的である!

ただし、世界では、もっともっと電気自動車・electriccarに対して積極的モチベーションを持っているメーカーが多くあります。

だから、トヨタ自動車が、電気自動車・electriccarの普及を目指してという説明会を開催しても、まだ積極的という見られ方をしないのかもしれません。

今後、トヨタ自動車は、電気自動車・electriccarについてもっと主張しなければならないでしょう。

それは、もうすぐにしなければならないことです。

フォルクルワーゲングループやテスラのような感じで、トヨタ自動車はどんどん今後、電気自動車・electriccarを積極的にリリースして行こうという感じでもないのです。

トヨタ自動車は、今までとは違うビジネスモデルを模索、構築していくことがいま一番重視し優先している項目だと言っています。

トヨタ自動車に出来る可能性

テスラや日産、BMWやフォルクスワーゲンは既にそれをスタートし、できあがった荒野に対して、トヨタ自動車は慎重に、道路を造り、畑を耕し、ビルを建築して、新鮮な野菜を収穫していく戦略という感じではないでしょうか。

関連記事