自動運転・autonomouscarで変わること

自動運転・autonomouscarの時代はいよいよそこに来ているのかもしれません。果たして、自動運転・autonomouscarの到来で世界はどう変わるのでしょうか。

合宿免許はムーチョで

自動運転・autonomouscarの到来

自動運転・autonomouscarの世界が来るというものの、世の中が、突然、全部の自動車社会において、自動運転・autonomouscarに様変わりするということではありません。

世の中の進化は、様子見でじわりじわり変わっていくことでしょうか。

その中でも、 商業施設や空港、遊園地など私有地内の循環バスと言ったものは、比較的早く自動運転・autonomouscarの世界に転換される可能性はあります。

では、路線バスがどうかと言えば、路線バスの場合は、 人間が運転する自動車の間に入り、長い道を走行しなければならないです。そのようなものは、結構自動運転・autonomouscarの世界でもレベルの高い方なので、なかなか実現は難しいのかもしれません。

ですから、自動運転・autonomouscarの世界が来たとしても、商業施設や空港、遊園地など私有地内の循環バスよりも、路線バスの運用が先に実現することは、ほとんどないと考えることができます。

自動運転・autonomouscarは勘を頼りに出来ない?

人間というものは、やっぱり運転に対しても、勘を頼りにすることはあると言います。その勘に対して、自動運転・autonomouscarといえども、なかなか上手く対応出来ないことはあると言います。

自動運転・autonomouscarはいわば、交通ルールに忠実であり、人間の運転は、それほど交通ルールに忠実ではないということですね。

自動運転・autonomouscarは可能

実際に、 東京臨海部を走るゆりかもめが無人運転で成功している訳ですから、自動運転・autonomouscarは、あのようなものでいいのなら、もう簡単に実現出来るともいうことができます。

でも、人たちは、自動車というものに対して、観光地などで、人間と会話したいとか、ガイドを受けたいということもあるでしょう。

ガイドは、自動運転・autonomouscarでも出来ない訳ではありませんが、やっぱり人間のぬくもりが欲しいという人たちはいます。

そのような意味では、自動運転・autonomouscarが登場しても、そのような場所で、完全に労働力を奪われてしまうとは言うことができないのかもしれません。

自動運転・autonomouscarが登場しても、人間の運転するタクシーと二分化という事態が起きる可能性も考えることができます。

そこには、【工夫】の余地があり、今後、工夫するタクシー会社が勝つ世界は間違いなく来るのではないでしょうか。

長距離輸送の自動運転・autonomouscar

そして、自動運転・autonomouscarは、長距離輸送の分野において関わることになり、労働力は、自動運転・autonomouscarに奪われていくことになるのではないでしょうか。

それでも、現在、長距離輸送の世界はドライバー不足です。現状の問題を自動運転・autonomouscarがしっかり解決してくれることでしょう。