自動運転・autonomouscarに求められているもの

自動運転・autonomouscarの世界が実現すれば、宅配の分野もかなり変わるかもしれないですよね。実際に、自動運転・autonomouscarの宅配は、スタートしたということは言うことができませんが、実際にドミノピザは、2016年にオーストラリアで小型のロボットによるピザデリバリーをスタートしたと言います。

この程度の自動運転・autonomouscarの自動車なら、本当にそれほど遠い未来ではなく確実に実現しそうですね。

ただし、現在はまだまだ自動運転・autonomouscarは、歩く程度の速度……ということです。

運転免許はムーチョ

自動運転・autonomouscarに求められているもの

やっぱり、自動運転・autonomouscarの自動車に求められているのはスピードでもあり、この程度の自動運転・autonomouscarでは、私達の要求に応えているものではありません。

しかしいずれ、スピーディーな速度の自動運転・autonomouscarも当然登場することでしょう。

言えるのは、無人の自動運転・autonomouscarの宅配はいずれ実現するであろうということです。

システムが成立すれば、もっとスムーズに、注文すれば即荷物が届く、理想の宅配システムが成立することでしょう。

生活のさまざまな点で便利さを痛感する

また、2030年までには、自分たちの移動手段だけでなく、生活のさまざまな点で自動運転・autonomouscarの利便さを痛感するであろうということです。

もちろん、自動運転・autonomouscarの自動車が実現すれば、私達はもっともっとメリットを感じないと満足感は得られないでしょう。

自動運転・autonomouscarが背負う期待値は相当大きいと思いますよ。

自動運転・autonomouscarの自動車は、私達の未来のシンボルともいうことができるのではないでしょうか。

運転する楽しみは奪われてしまうかも

しかし、自動運転・autonomouscarが登場してしまうことで、我々は、運転する楽しみは奪われてしまうことになるかもしれません。

そもそも、運転大好き!という人たちは確実にいますかね。

今後、自動運転・autonomouscarの世界は、このような問題とどう向きあうことになるのでしょうか。

自分自身で運転する自動車という存在が消えないままだったりして……。そのような自身で運転する自動車が混在している道を、なかなか自動運転・autonomouscarの自動車は、スムーズに走ることができないかもしれません。

自動車のハンドルってなんのため?

そもそも、自動車についているハンドルは、なんのためについているのでしょうか。それは自動車を運転するためです。

完全自動運転・autonomouscarが成立すれば、ハンドルほど、意味なく、滑稽なものはありませんよね。

結局、完全自動運転・autonomouscarの自動車が実現すれば、ハンドルも必要ない、本当の【箱の自動車】になってしまうだけなのかもしれません。